チーボーのブログ

主にライブに行った記録(主現場はヌュアンス、グーグールル、まちだガールズ・クワイア、NaNoMoRaL、フィロソフィーのダンス、脇田もなり、一瞬しかない、など)

3/16(土)、17(日)大阪遠征覚書き

f:id:charanpochiiboo:20190321225716j:imagef:id:charanpochiiboo:20190321225725j:image

 

リリスクやフィロのスとがっぷり四つに組んで、互角以上の熱いライブを見せてくれたnuance。

もう東京では見ることができないかもしれない、2人揃ったAH(嗚呼)の楽しいライブ。

そして、最近ご無沙汰のフィロのスは貫禄十分、これぞエンタメの王道ともいうべきステージ。

 

たまたま環境やタイミングが合ったこともあり、初めて遠征というものにチャレンジしてみたけど、楽しいのなんの。

2日間で見たライブがのべ20ステージ。お金も使ったけどそれ以上の収穫。

オタクとして、またひとつ経験値を上げてしまったチーボーでした。

 

前日、モーション・ブルー・ヨコハマで脇田もなりのライブを見て帰宅したのが23時半。

お腹がすいたので軽く食べて、ブログを上げて、寝たのが午前3時。

6時半に起きて新横浜9時の新幹線に乗った。

 

大阪は13年ぶり。

心斎橋まで地下鉄に乗り、昭和っぽい中華屋で麻婆定食を食べて、12時過ぎに会場のサンホールに入った。

 

【エクストロメ初日】@心斎橋サンホール 3,400円+ドリンク代600円

1.TAKENOKO▲(途中から)

見る機会がありそうでなかった2人組。なかなか良い。これなら最初から見ればよかった。もろジャミロクワイのイントロみたいな曲があって面白かった。

2.nuance

思っていたよりも人がいっぱい。「セツナシンドローム」や「タイムマジックロンリー」でのクラップもばっちりで、大阪でもヌュアンスが浸透しているようだ。

そして、MCでミサキサンも言っていたように、大阪の人はノリが良い。

「おっ、いちいち反応してくれていいですね。東京の人も見習ってほしい」←はい。

2曲目の「ミライサーカス」では、みおちゃんの「全員踊れー」の声が響く。最後のタイムマでも沸くフロア。お昼から、しっかり盛り上がったnuanceでした。

 ①ナナイロナミダ

 ②ミライサーカス

 ③サーカスの来ない街

 ④セツナシンドローム

 ⑤i=envY

 ⑥タイムマジックロンリー

3.HAMIDASYSTEM

現体制で見れるのはこれが最後か。

4.グーグールル

やっぱり楽しい。気合、圧がすごい。オタクのノリもすごい。お立ち台に乗って煽るメンバー、だけど目は笑っていない感じがする。

「もしかして もしかしてだけど」というフレーズが頭から離れない。

5.WEAR

大阪の3人組。冒頭の曲が早口でびっくりした。こんなのばっかりだったらどうしようと思っていたけど、多彩な楽曲が面白くて楽しめた。オタクも元気。

 

中物販ではヌュアンスに「大阪来たよ!」とあいさつ。

 

校庭カメラアクトレス

これも初見。白い衣装。ポップでキュートなラップ。可愛くて楽しい。かなり気に入った。

⑦SAKA-SAMA

もちろん良かったのだけど、気持がよくて立ったままうとうとしてしまった。疲れがでてしまったみたい。

⑧ tipToe.

そんな自分をシャキッとさせてくれたtipToe.。

lyrical school

昨年のTIFで見て以来だけど、後から入ったメンバー3人が完全に融合していて更に強力になった。

risanoの切れの良いラップが目立つ。でも、やっぱりhimeだなあ。そして、アピールするオタクにレスを返すhinako。この人、自分の可愛さをよくわかっていてやっているよね。「パジャマパーティー」の「魔法がとけちゃう12時の鐘は無視」のところ、何人の人がキュン死したことか。リリスク、最高のライブだった。

フィロソフィーのダンス

リリスクの最高を更新したのがフィロのス。「はじめまして未来」で始まるとは予想外。久々に見た「好感度あげたい!」もめっちゃ楽しい。「ライブ・ライフ」から「ダンス・ファウンダー」では、この日見たステージの中で最大の盛り上がりを見せる。フロアからはリフトもバンバン上がるけど、これははっきり言って余計だと思った。そして最後の「ヒューリスティック・シティー」で脳トロにさせられる。やっぱりフィロのスは違う。エンターテイメントの極み。ここ大阪で見ることができて本当に良かった。それから、ハルちゃんの眉毛が無いのにびっくり。カタギに見えない・・・(ぼそ)。東京に眉毛を置いてきました」なんて言ってましたが、自由だね。そんなところも好きなんですけどね。

 ①はじめまして未来

 ②スーパー・ヴィーニアンス

 ③好感度あげたい!

 ④ベストフォー

 ⑤ライブ・ライフ

 ⑥ダンス・ファウンダー

 ⑦ヒューリスティック・シティー

11.AH(嗚呼)

フィロのスを受けて、異様な盛り上がり。関西のAH(嗚呼)オタは熱い。ちなみに私、2月のワンマン「極楽湯」Tシャツで参戦していますからね。5曲だけだったけど満足。「ニューバランスの彼」は常軌を逸した楽しさだね。踊った踊った。

6時10分まで仕事をしていたという、すーちゃん。なかなか東京に来られないすーちゃん。2人揃ったAH(嗚呼)を見れて、本拠地・大阪でのAH(嗚呼)のライブに参加できて本当に良かった!

 ①とっておきの裏切り

 ②大阪新都市感情線

 ③KYOTO TOWN NIGHT FEVER

 ④ニューバランスの彼

 ⑤おやすみ透明高速

 

終演後物販、まずAH(嗚呼)で予約特典の近江牛燻製を受け取り。これ本当に旨いんだ。

そして、久しぶりにフィロのスのおとはすの所に(ドキドキ)。

「えー、どうしたの?遠征じゃない」

これが、オタクがよく言う「認知が切れていなかった」というやつなのですね。おとはすに驚かれただけでも、大阪に来た甲斐があった。

 

会場を出て、路地裏の居酒屋で2杯。小腹がすいたので、つけ麺を食べて宿へチェックイン。

 

【WEAR、SAKA-SAMA、nuance 3マン】@大阪MUSE BOX

開場 10:30 開演 11:00  1,000円+ドリンク代600円

2日目はまずこれ。

ホテルを出たら雨が降っている。傘なしでライブ会場まで行こうと思ったけど、かなり濡れるのでコンビニで傘を買う。

中に入って、mixiなどでよくやりとりをする大阪の人と、2015年のPerfume FES(Negiccoが出たやつね)以来の再会。カラフルスクリームのCDをいただく。

この3マン、各グループの持ち時間が35分とたっぷりある。ヌュアンスは、前半はゆったりと見せて、後半でペースアップするいつものパターン。

会場はキャパ100人ほど、昨年できたばかりの新しいハコ。照明が綺麗で、「セツナシンドローム」の時のレーザーがサーチライトみたいだった。

MCでのミサキサン、この後のライブでヌュアンスの後にフィロのスが出演することに触れ、「私たちが使ったマイクをフィロのスさんが使うんですよ」というオタクトークを炸裂させる。ミサキサン、推せる。

1.白昼ブランコ

2.Love chocolate?

3.青春の疑問符

4.ルカルカ

5.セツナシンドローム

6.タイムマジックロンリー

7.i=envY

8.ミライサーカス

物販に行ったら、珠理ちゃんの声がガラガラだった。1月に大阪に来た時にはインフルエンザにかかってしまった珠理ちゃん、「大阪に嫌われてるのかな」なんて言っていました。

みおちゃんはわかちゃんと同部屋だったらしく、明け方まで2人でおしゃべりしていたらしい。修学旅行みたいで楽しいね。

 

【エクストロメ2日目】@心斎橋サンホール 3,400円+ドリンク代600円

1.HAMIDASYSTEM(途中から)

2.tipToe.

3.グーグールル

4.lyrical school

5.nuance

 ①wish

   ②セツナシンドローム

   ③sanzan

   ④i=envY

   ⑤タイムマジックロンリー

   ⑥ミライサーカス

6.フィロソフィーのダンス

 ①アイドル・フィロソフィー

 ②バイタル・テンプテーション

 ③フリー・ユア・フェスタ

 ④イッツ・マイ・ターン

 ⑤ドグマティック・ドラマティック

 ⑥ラブ・バリエーション

2日目は、ほとんど前日にも見た出演者。各グループともにセトリを変えてきたけれども、特にフィロのスが全曲を変えてきたのには驚いた。
前日、あんなに凄いライブを見せてくれたリリスクとフィロのスに挟まれたヌュアンス、どうなるかと思ったけど全く引けをとらない素晴らしいステージだった。本当に驚いた。i=envY、タイムマ、ミライサーカス、この3曲は強い。元々力を持った楽曲だけど、ライブを重ねるごとにパフォーマンスもパワーアップしてきている。この日も、みおちゃんの「全員踊れー」で爆発。みおちゃん、歌声も力強くなってきている。
楽しくて、感動して、踊りながら泣きそうになってしまった。泣いてただろうって?そんな事言えません。

 

ロビーに出たらヌュアンスの物販列がカオス状態になっている。

大阪3現場への参加でもらえる大阪限定のクリアファイルを受け取る。いつもながらクオリティが高い。

珠理ちゃんの声が相変わらずガラガラで、ライブでも苦しそうだったけれども、よくこんな状態で歌えたものだと逆に感心してしまった。でも、本人はかなり悔しかったみたい。

ミサキサンは、大好きで尊敬するマリリとお話できたようで嬉しそう。フィロのスのグッズを身に着けた人も、たくさんヌュアンス列に並んでいた。

髪を明るく染めたわかちゃん、「こんなに明るくするつもりじゃなかった」と言っていたけど、おとはすに可愛いといわれたそうで、本当におとはすってそういう人だよね。

そして、みおちゃん。切れのあるダンスに加えて、歌声も力強くなり頼もしい限り。

 

ヌュアンスのライブに初めて行ってから1年弱、良いと思ったから通っているのだけど、正直1年前にはこんな姿は想像できなかった。

今のヌュアンスなら、どこに出ても戦える。

4月25日のワンマンが、ますます楽しみになって来た。

 

別室で行われていたフィロのスの物販は、ヌュアンスよりも早くわってしまった。かろうじて最後の挨拶だけ見る。

残った時間、代代代のライブを少し覗き、会場を後にした。

 

帰宅したのが23時半すぎ。近江牛でビール。

大阪、楽しかった。

遠征はいいものだけど、お金も使う。

それも現実。

でも、また行きたくなる。

ミサキサンのツイキャスを聞いて、眠りについた。

 

 

f:id:charanpochiiboo:20190321225747j:image