チーボーのブログ

主にライブに行った記録(主現場はヌュアンス、グーグールル、まちだガールズ・クワイア、NaNoMoRaL、フィロソフィーのダンス、脇田もなり、一瞬しかない、など)

LPを片っ端から聞いてみた19.  Brinsley Schwarz

アナログプレーヤーを購入したので、家にあるLPをアーティストごとにアルファベット順で聞き直してみる企画。第19回目は、イギリスのパブロックを代表するバンド、ブリンズリー・シュウォーツのベスト盤。

■FIFTEEN THOUGHTS OF BRINSLEY SCHAWRZ(1978年)

f:id:charanpochiiboo:20201112101727j:image

活動時期は1969年から1975年。

 イギリスのザ・バンドとも呼ばれる彼らだけど、ザ・バンドみたいな重厚さは全くない。むしろ、軽快さが特徴に思える。

ロックンロール、リズム&ブルース、70年代ソウル、カントリー、英国トラッド、レゲエ、そしてビートルズ・・・。

様々な音楽のジャンルを軽やかに駆け巡る。

でも、それらの音楽がしっかり血肉になっていて、取ってつけた感は微塵も感じられない。

 

メンバーは次の通り。

ニック・ロウ/ ボーカル、ベース

●イアン・ゴム/ボーカル、ギター

●ブリンズリー・シュウォーツ/ ボーカル、ギター、サックス

●ボブ・アンドリュース/ボーカル、キーボード、サックス

●ビリー・ランキン/パーカッション

 

ニック・ロウはご存知の通り。

ブリンズリー・シュウォーツとボブ・アンドリュースは、ルーモアを結成、グレアム・パーカーのバックを務めて一躍名を知られることになる。僕も、そこから遡ってこのグループを知った一人です。

 

このアルバムに収録されている15曲中10曲がニック・ロウの作品。イアン・ゴムが2曲、ニック・ロウとイアン・ゴムの共作が1曲。あとは、ボブ・マーリーとロニー・セルフ*1のカバーが1曲ずつ。

 

ニック・ロウの作る曲がとにかく良い。今回何度も聞き直してみて、改めて素晴らしいソングライターだと感じました。

   

代表曲の「(What's So Funny ’Bout)Peace, Love And Understanding」。

www.youtube.com

  平和や愛、そして理解し合う事。

  それの、何がそんなにおかしいんだ?

 全く同感です。

 

このレコードを買ったのは、おそらく40年くらい前の事だろうと思いますが、当時よりもずっと気に入りました。

この企画、やって見て良かったなあ(苦行の面もあるけれど)。

 

しかし、こんなに遅い更新ペースでは今年中にBも終わらないぞ。少しギアを上げていきたいと思っていますが、どこまでできるでしょうか。

(これしきの文章を書くのにも、レコードを何回も聞き直しているんです)

 

次回はRuth Brownです。

 

*1:50年代後半から60年代にかけて活動していたアメリカのロカビリー歌手。あまり売れなかったが、熱狂的なファンを持ち、特にヨーロッパでは伝説的な存在だったらしい。