チーボーのブログ

主にライブに行った記録(主現場はヌュアンス、グーグールル、まちだガールズ・クワイア、NaNoMoRaL、フィロソフィーのダンス、脇田もなり、一瞬しかない、など)

LPを片っ端から聞いてみた30.エリック・カルメン

昨年アナログプレーヤーを購入した事がきっかけで、家にあるLPをアーティストごとにアルファベット順で聞き直してみるというこのシリーズもようやく30回目。

今回はエリック・カルメン

 

■ERIC CARMEN (1975年)

f:id:charanpochiiboo:20210912170616j:image

エリック・カルメンラズベリーズ解散後に出した最初のアルバム。

綺麗なバラード、ロックン・ロールからラグタイムビートルズビーチ・ボーイズからの影響を窺わせる曲、最後はドリフターズのカバー(On Broadwey)と、バラエティーに富んだ内容。そして、どの曲も素晴らしい。

このアルバムを買ったのは、おそらく1985年から1987年の間。どこかで見つけた中古盤だと思う。正直言って、当時はこんなに素晴らしいアルバムだとは思っていなかった。(そういうケースが多い。だからこそ、こうやって聞き直してみて良かったと思う。)

 

美しいメロディー。

youtu.be

この曲は、ラフマニノフの「交響曲第2番」をモチーフにしているそうだけど、本当にその通りだった。

youtu.be

大ヒットした「All By Myself」も、ラフマニノフを大きくフィーチャーしていて、間奏なんて完全にクラシックになっている。昔の自分は、こういう所があまり好きでなかったように思う。

 

youtu.be

このアルバムの中で僕が一番好きなのが、ロックンロール賛歌のこれかな。

youtu.be

16歳の俺は 学校に飽き飽きしていて

何をしたいのかもわからなかった

俺はギターを買った

夢中になった

それがロックンロールなのさ

 

子どもの頃からクラシックの勉強をしていた彼は、ビートルズローリング・ストーンズの影響でロックンロールに目覚める。

でも、クラシックの素養がベースにあるからなのか、上品なロックンローラーという感じがする。

そんなエリック・カルメンでした。

 

次回はレイ・チャールズRay Charles)、Cの項はまだまだ続きます。