チーボーのブログ

主にライブに行った記録(主現場はヌュアンス、グーグールル、まちだガールズ・クワイア、NaNoMoRaL、フィロソフィーのダンス、脇田もなり、一瞬しかない、など)

LPを片っ端から聞いてみた35. OTIS CLAY

家にあるLPレコードを、アルファベット順に聞いて感想を書くというシリーズです。

35回目は、ディープ・ソウルの代表格、オーティス・クレイ

 

■ライブ(1978年)

f:id:charanpochiiboo:20220326144441j:image

1984年4月の来日公演を収録した2枚組のライブ盤。

オーティス・クレイはこの時まだ36歳と、まさに脂の乗り切った時期。

この曲のようなノリの良い曲からスローバラードまで、歌唱は申し分ない。

これは彼の代表曲ですね。

youtu.be

途中で「In The Midnight Hour」のフレーズも飛び出し、観客も大盛り上がり。

ドラムが軽くてバタバタしているように聞こえてしまうのが残念。

 

こちらはミディアムナンバー。八分の六拍子なのかな?

「プレシャス~プレシャス」と歌い始めたところで湧き上がる歓声、お客さんのノリも良い。

youtu.be

さっきの曲もこの曲も、MCまで丁寧に収めているのでとにかく長い所が玉に瑕。ライブ会場にいれば問題ないのでしょうが。

敢えてボーカルを前面に出すミキシングをしているとの事だけど、やはり音のバランスは悪いと思う。

それから、アルバム冒頭のリハーサル音源は必要かな?これは個人的に無い方が良いように思ってしまう。

 

なんだか重箱の隅をつつくような事ばかり書いているけれども、素晴らしいライブ盤である事は間違いないです。

 

次回はレゲエ界の大物、Jimmy Cliffです。