チーボーのブログ

主にライブに行った記録(主現場はヌュアンス、グーグールル、まちだガールズ・クワイア、NaNoMoRaL、フィロソフィーのダンス、脇田もなり、一瞬しかない、など)

5/14(土)ネタバレなし/フィロソフィーのダンス @新潟NEXS

f:id:charanpochiiboo:20220522200909j:image

ツアー中でもありますのでライブのネタバレはありません。

というよりもライブレポではありません。

 

大宮から新幹線に乗るのは2週間ぶりで今年3回目(行き先は全て違うけど)。

f:id:charanpochiiboo:20220521170837j:image

新潟に着いてまず会場へ。

物販列がかなり並んでいてなかなか進まない。しかも、アクキーやTシャツは既に売り切れとの事。ならばとキーホルダーとサイリウムを買って特典券を2枚ゲット。

いったん宿に行ってチェックインして、すぐに会場へとんぼ帰り。

萬代橋を渡りました。これは萬代橋から信濃川下流方向を臨んだ風景。

「新潟に来たんだなあ」と実感した瞬間。

f:id:charanpochiiboo:20220521170825j:image

ライブは素晴らしかったです。本当に来て良かった!

ツアー初日でこれですから、これからどんな風に進化していくのでしょうか?そして、最終日の東京ではどうなってしまうんでしょうか?

改めて思ったのは、最高のベストフォーだっていう事。

2年半ぶりのツアー、そしてこの4人での最後のツアーに賭けるメンバーの思いがひしひしと感じられた。

フロアにいるお客さん一人ひとりに目を配るおとはす。フィロのスのメンバーでいられる時間を大切に楽しみたいという気持ちが伝わってくる。自分も何回も目があったような気がした。

音も爆音過ぎず耳に優しい。観客の裏打ちクラップも決まる。そんな所も心地よかった。

5時半を少し回った時間に開演して、終わったのが7時過ぎだっただろうか。

特典会での会話はNG(喋っている人もいたけど)、その場で撮ったソロチェキが渡される。時間がかかる事を覚悟していたけど思った以上にスムーズで、おかげで8時前に会場を後にする事ができた。

さて、この日の第2ミッション「新潟で飲む」の時間がやって来た。

信濃川を渡って古町方面へ向かう。

夜の萬代橋

f:id:charanpochiiboo:20220521170727j:image

おでんやさんで始める。こじんまりしていて良い店だ。

f:id:charanpochiiboo:20220521170715j:image

鶴齢とこまい一夜干し。

f:id:charanpochiiboo:20220521170705j:image

熱燗と塩辛。

f:id:charanpochiiboo:20220521170654j:image

9時半を過ぎる頃にはテーブル席のお客もいなくなり、自分を含めてカウンターの4人だけとなる。右隣は30~40代の常連さん(男性)、その向こうには女子大生2人組(こちらも顔なじみみたい)。

お店を後にしたのは10時ごろだっただろうか?

帰り際に女性の店長さんが見送りに来てくれる(全てのお客さんにやっていた)。

「東京からなんですけどここに来て良かったです」と言ったらハイタッチしてくれた。なかなかノリの良い方でした。

2軒目に行こうかとも思ったけど宿に戻って正解。ちゃんと風呂に入って寝る事が出来た。

おとはすにおやすみなさい。

f:id:charanpochiiboo:20220521170642j:image

 

翌朝は古町界隈から白山神社を散歩。

f:id:charanpochiiboo:20220521170630j:image

前夜にお邪魔したお店の前も通った。

f:id:charanpochiiboo:20220521170535j:image

白山神社

f:id:charanpochiiboo:20220521170449j:image

釣り竿で釣ったおみくじが可愛い。大吉だった。

f:id:charanpochiiboo:20220521170354j:image

古町の街並み。時折こんな建物が残っている。

f:id:charanpochiiboo:20220521170435j:image

このような路地裏が所々にある。

f:id:charanpochiiboo:20220521170408j:image

茶店で一服してラーメン食べて新潟駅へ向かう。

前夜も渡った橋から昼の萬代橋

f:id:charanpochiiboo:20220521170335j:image

新潟楽しかった。

また行きたいけどそうそう行ってもいられない。

でも、いつか新潟でNegiccoのライブを見たい。

 

【ライブ記録】2022年4月

4月は10現場。

チャラン・ポ・ランタンのワンマンあり、民謡クルセイダーズ東京キューバンボーイズの対バンあり、透明写真の初ワンマンありと、充実したものばかりだった。

とりわけ、上野恩賜公園野外ステージで見た眉村ちあきのステージが涙が出るほど素晴らしかった。

主なアイドル現場は、町ガ×2、透明写真×2、クレイビット×2、Budda TOKYO×2、THE ORGANICS、NaNoMoRaL、ポスタルジアが各1回など。

以前からその傾向はあったのですが、アイドルが沢山出るようなイベントにはますます足が向かなくなってきた。界隈で評判の良いグループのライブを見ても、あまりピンと来ない事が多いんです(確かに良いのはわかるんですが)。

その一方で、クレイビット、Budda TOKYO、THE ORGANICSなどに対しては、「ここ好き」と思ってしまうのはどうしてなのだろう。

 

1. 4/1(金)まちだガールズ・クワイア@町田まほろ

3か月ぶりのまほろ座。やっと来れた。

 

2. 4/2(土)透明写真「感覚派 Final」@渋谷MILKY WAY

f:id:charanpochiiboo:20220420115826j:image
f:id:charanpochiiboo:20220420115823j:image

初のワンマンを3週間後に控えた透明写真の勢いに目を見張らせられた。この後、屋外でのオールナイトのイベントへの出演などを経て更にパワーアップしていくことになる。

前夜に続けて町ガに会えてハッピー。ワンマン行きたかった。

リリスリバースもIDOLATERも初見だったけど両方とも良かった。

この日の4日後に春ねむりとのツーマン(凄いね!)を控えたリリスリバースは、それも頷けるようなステージ。

IDOLATERのこの曲が好き。

youtu.be

 

3. 4/8(金)チャラン・ポ・ランタン@渋谷PLEASURE PLEASURE

f:id:charanpochiiboo:20220415135948j:image

入場に際に渡された当日のセトリ。

f:id:charanpochiiboo:20220512205933j:image

最近の曲に交じって昔(9年前とか10年前)の曲が混じっていることに驚いた。特に「ライムライトを浴びて」、まさかこの曲をまた生で見れるとは思わなかった。

「中野から〜」とか「潮時」もそう。

「ライムライトを浴びて」で、ずっとアコーディオンだけのバックで歌ってきて終盤に一気に音が重なる所は何度聞いてもゾクゾクする。

この映像は2013年のライブのもの。

youtu.be

カンカンバルカンの演奏がまた素晴らしくて、特に舞子さんのバイオリンと演奏する姿が大好きです。人妻だけど*1

 

4. 4/9(土)東京キューバンボーイズ、民謡クルセイダーズ@横須賀芸術家劇場

f:id:charanpochiiboo:20220420120049j:image

民謡クルセイダーズが本当に楽しい。本来であればスタンディングエリアを設ける予定だったそうだけど全席着席になってしまった事が残念でならない。

最後のソーラン節の時だったっけ?、お囃子のちゃんゆかさんがサイリウムを持ちながらアイドルオタクがやるような動きをしていたのが面白かった。

東京キューバンボーイズは音がきれいで惚れ惚れした。ゲストのマリンバ奏者・益田和香子さんの演奏も素晴らしかった。音を外さないのはプロだから当然なのだろうけど、リズムが見事。

 

5. 4/10(日)THE ORGANICS、クレイビット@四谷LOTUS

f:id:charanpochiiboo:20220420120157j:image

THE ORGANICSの主催ライブ。

良いツーマンだった。ゲストを一組呼んでじっくり聞かせる。こういう対バンは大好き。

THE ORGANICSを見たのは2回目だったけど、ここ凄く良い。

youtu.be

 

6. 4/16(土)桃瀬せな生誕祭@渋谷DESEO mini

f:id:charanpochiiboo:20220420120311j:image

f:id:charanpochiiboo:20220420120321j:image

クレイビットはこの日も楽しかった。

ポエトリープは初めて見た。ピューパ‼の妹分のグループだそうで、ピューパ!!の曲も歌っていたけど、ソフトでキュートにした感じ。

キスエクは久しぶり。3年ぶりに再加入した小日向まおさんを初めて見た。声が綺麗だった。

1/f キュレーションは自分の生誕でもないのにぼろぼろ泣いていた星染朔さんと、へらへら笑っていた花揺えねさん(この人好き)が好対照。1/f キュレーションって良いグループだと思った。

 

7. 4/17(日)水の音楽フェスティバル2022@上野恩賜公園

f:id:charanpochiiboo:20220420120438j:image

f:id:charanpochiiboo:20220420120447j:image

冒頭に書いた通り、眉村ちあきに泣いた。トッパーを務めたNaNoMoRaLも勿論素晴らしかった。NaNoMoRaLのライブが更に良くなっている。

レ・ロマネスクをチャラン・ポ・ランタンの主催ライブで見たのは何年前の事だろうか(←記録を辿ってみたら2014年6月20日だった)。*2

その時にも聞いた「祝っていた」がラスト。良い意味で相変わらずだった。

f:id:charanpochiiboo:20220510190119j:image

youtu.be

youtu.be

youtu.be

NaNoMoRaLが最後にやった新曲。ロックンロール!

youtu.be

知久寿焼さんのステージにNaNoMoRaLが飛び入り参加したり、水中、それは苦しいのステージで眉村ちあきとのコラボがあったりしたそうだけど、仕事の関係で離脱してしまった事が心残り。

 

8. 4/19(火)Buddha TOKYO主催「涅槃-vol.3-」@下北沢CLUB251

f:id:charanpochiiboo:20220420120659j:image

平日なのに行ってしまったのは、SPECIAL CHEESE MENU(スペチー)と主催のBudda TOKYOを見たかったから。

9. 4/23(土)透明写真 1st ONE MAN LIVE @新宿MARZ

f:id:charanpochiiboo:20220428190421j:image

f:id:charanpochiiboo:20220428190431j:image

推しているアイドルの初めてのワンマンを見れる機会なんてそうそうない。自分にとってはフィロソフィーのダンスくらいではないだろうか。

良いワンマンだった。「HAZE」や「Favorite Music」がアゲアゲのmixになっていていやが上にも盛り上がる。

フロアもいい塩梅に埋まっていて、ここ半年くらいの間に勢いが加速度的に上がって来たと感じる。

2人の歌と表現力に魅了されっぱなしの1時間でした。

アンコールで歌われた「夜が終わるまでは」(この日が初披露)がとても良かった。

この曲、Perfumeみがあるね。

RINちゃんが自分の生誕祭でPerfumeの「微かなカオリ」を歌っていた事を思い出した。

 

10. 4/25(月)春風満来(ピューパ‼︎、Buddha TOKYO、のらりくらり、ポスタルジア)@新宿WALLY

f:id:charanpochiiboo:20220428190538j:image

平日のしかも月末なのに行ってしまったのはBuddha TOKYOをまた見たかったから。

ピューパ‼︎は途中からしか見れなかったけどやっぱり素晴らしかった。

のらりくらりは新メンバーがめちゃくちゃ可愛かった。

**********************************************************************************************

自分が行けなかった(と言うより行かなかった)一瞬しかない4月24日の主催公演に、喫茶めいさんが10ヶ月ぶりに登場して挨拶、更に「今日を生きよう」ではライブにも参加したそうだ。これから徐々に復帰していくと聞いて心がざわめき立った。もちろん嬉しいです。

今年に入って一度も一瞬現場に行っていない自分。都合がつかなかった、他の現場と重なった、など理由はありますが、ここを選ばなかったのも事実。他界したつもりはないですが、客観的に見ればこれが他界というものなのでしょう。

変わらず現場に通っているファンの方は偉いと思いました。

ちょうど2年前、コロナ禍の中に公開された動画。

youtu.be

7月にはついに初のアルバムが発表されるとの事、これはめちゃくちゃ楽しみです。

 

 

*1:ちなみに旦那さんは元ソウル・フラワー・ユニオンの河村博司さん

*2:ちなみにこの時のゲストが南波志帆大森靖子、たをやめオルケスタ、それに水中、それは苦しい

5/5(木・祝)NUANCE SPECIAL ONEMAN LIVE [r-u]@KT Zepp Yokohama

f:id:charanpochiiboo:20220506155108j:image

nuanceのワンマンライブはいつも素晴らしい素晴らしいと言っていたような気がするけど、NUANCEのワンマンライブもそれはそれは素晴らしいものだった。

 

ミサキサン最後のライブが3月30日、新メンバー3人が発表されたのが4月1日、そして新体制でのワンマンが5月5日。

多くの運営が、「オーディションはすれど新メンバーがなかなか決まらない」というご時世の中、どうですかこのスピード感。勿論、事前に周到な準備をしていたという事なのでしょうし、実際はかなりバタバタしていたのでしょうけど。

そして更に驚くべきは、この短い時間の中、付け焼き刃なんかじゃなく、ここまで完成されたステージを作り上げてきた事。いや、まだまだ未完成な所は沢山あったと思います。でも、今出来る最大限のものを見せてくれた。こんなのを見せられたら、これからにも期待するしかない。

本当の話、ライブ中一度も「前の方が良かった」とか、「前のメンバーがいたら良かったのに」なんて思わなかった。

NUANCEを続けるという決断をしてくれた2人、そしてNUANCEに加入してくれた3人に心から感謝したい。

f:id:charanpochiiboo:20220506154859j:image

【ライブで印象に残った事あれこれ】

・新衣装で登場した5人。薄いピンクを基調としたNUANCEらしい上品らしさ。あれ、川井さん(わかちゃん)と環さん(珠理ちゃん)お腹が出てる!

・「cosmo」でスタート。広いステージを舞う5人のシルエットが美しい。フォーメーションが大幅に変わっているのがわかる。

・「テキーラサンライズ」で、トランペットとサックスの音が重なる所に痺れた。吹き終わった後にハイタッチを交わすHIDEROWさんと栗原さん。

・「ハルシオン」が好きすぎる。

・「for yourself」の歌がしみた。新メンバー蓮水恭美さんの声がいい。わか+恭美でハモる所もあったような。

・「ルカルカ」はスタンドマイクで。

・「under the moon」がめちゃくちゃかっこ良かった。ここのグルーヴ感がもの凄かった。

・終盤は記憶が飛んでいます。

・「雨粒」、9人のバンドから発せられる音が塊になって押し寄せてくる中、凛として歌うNUANCEの神々しさ。音に負けていない。Uさんが刻むドラムが響く。

・そのUさん、「last a way」ではタンバリンを叩きながら踊っている。こういう所好き。

・ライブ中はニコニコしていた珠理ちゃん、汐崎初音さんのMC中に急に泣き出しちゃうんだもの。もらい泣きしてしまったじゃないか。

・そして、わかちゃんが全体を締めていた。わかちゃん出来る子。

・最後は「sky baloon」、この曲で終わるの開放感があって大好き。のぼれ、大空めざして。

 

アンコールは、佐藤嘉風さんによる新曲「君の手のひら」。この曲を含む初めてのアルバムリリースも発表された。これまでのnuance楽曲の中から選りすぐりの10曲を、5人で新たに録音するとの事。どんな選曲になるのだろう?

 

■新メンバーの第一印象

・稀咲妃菜さんは美人でイケメン。表情が良いね。上背もあって華やか。

・汐崎初音さん、一見ぽわっとした感じだけど動きが大きくてステージ映えする感じだった。すごくNUANCEらしい人(ニュアンス伝わる?)

・蓮水恭美さん、歌と表情が素晴らしい。客席に目を配るところにもキャリアを感じる。本当はソロでやって行こうと考えていたところフジサキさんに誘われ、「自分では書けないNUANCEの歌を表現したくて」加入を決めたと話していた。声量もあるしこれから重要なピースになりそう。

 

■終演後の自分のツイート

「NUANCE新体制スタートワンマン、めちゃくちゃ素晴らしかった。こういう場に立ち会えるのは最高の幸せ。新メンも短期間でよく仕上げてきたしわかちゃんはちゃんとしゃべってたし珠理ちゃんはニコニコ楽しそうだったのに最後の涙にキュンとさせられるしやっぱりヌュ最高!大好きってなった」

「しかし今日のためにどのくらい練習したのだろう?新メンも大変だったろうけどフォーメーションを組み直した川井さん(わかちゃん)も凄い。MCからもヌュアンスを続けるという決断の重さが感じられた。複数のパーカッションとラッパを含む9人のバンドも素晴らしかったけど5人の歌にも感服」

 

最近ご無沙汰気味だったのでこれはいかんと思い直した。

改めて、NUANCEを始めよう。

 

LPを片っ端から聞いてみた36.ジミー・クリフ

家にあるLPレコードをアーティスト毎にアルファベット順に聞き直しているというシリーズです。

今回はボブ・マーリーと並ぶレゲエ界のスター、ジミー・クリフ

 

In Concert – The Best of Jimmy Cliff(1976年)

f:id:charanpochiiboo:20220501135631j:image

ジミー・クリフが主演した映画「ザ・ハーダー・ゼイ・カム」(1972年)が日本で公開されたのは1978年の事。

僕はこの映画を、バレー部の友人S君と渋谷の西武劇場(後のパルコ劇場)に見に行った。

正直なところ、ストーリーはよく覚えていない。スターを夢見る青年が現実にぶち当たり、ヤバいことに巻き込まれてお尋ねものになってしまい、最後には・・・といった内容だっただろうか。

余談ではあるけど、一番印象的だったシーンはメイタルズのレコーディング風景だったりする。この人たち何なの?と思ったもの。

でも、主演のジミー・クリフはかっこ良かった。

 

その1978年の春には初来日もしている。行きたいとは思ったものの、ちょうどボブ・ディランと時期が重なっていたために断念。この年は5月にリック・ダンコ、6月にリヴオン・ヘルムと元ザ・バンドのメンバーが相次いで来日し、7月には更にリトル・フィートと、行きたいライブが目白押しだった。高校3年生の分際で、高いお金を出して毎月コンサートになんてとても行けなかったから仕方ない。

「大人になれば好きなコンサートに好きなだけ行けるようになるのにな」なんて思ったものだけど、そんな簡単には行かないと大人になってから思い知る事になる。

 

ジミー・クリフは翌1979年にも来日公演が組まれ、僕もチケットを買ったのだけど中止になってしまった。中止になってしまった理由は覚えていない。

手元のチケットは、招聘元だったユニバーサルの事務所まで払い戻しに行った。赤坂見附の小さな雑居ビルの5階だか6階だったような記憶がある。今ならネットで完結できるのだから隔世の感があります。

 

アルバムについて何も触れていませんでしたが、この歌声を聞いてください。

名曲「Many Rivers To Cross」のライブ映像。このライブ盤の音源ではありませんが、同時期のライブのようです。本当にいい声してる。この曲の歌い出し、何度聞いてもゾクゾクします。

youtu.be

 

次回はJoe Cockerです。

【ライブ記録】2022年3月

以前はもっとマメに更新していたのに、最近はひと月分をまとめて1本というやっつけ仕事。

こんなもの書いて意味があるんだろうか?などと考え始めたらもういけない。

誰のためでもない、自分が書きたいと思ったから始めたのに。

こんな内容でも読んでくれている人には感謝しかないです。

3月は7本。本当に行きたい所だけに絞ったらこうなりました。

 

1. 3/7(月)小日向由衣、りりかる*ことぱぉ@渋谷LOFT HEAVEN

f:id:charanpochiiboo:20220329202720j:image

f:id:charanpochiiboo:20220329202749j:image

もう会えないと思っていたのだけど、最後にれじぇが呼んでくれた。

ありがとう。

 

この日、ステージでは初めて歌ったという「Paper blue」。さよなら。

でも、絶対にまた会いに行く。

youtu.be

 

2. 3/13(日)透明写真 1周年 @下北沢Flowers Loft

f:id:charanpochiiboo:20220327224150j:image

なんだかんだ言いながら、この1年間に一番通っていたのが透明写真。一年前を思えば強く逞しくなったものだと思う。

昼の部は大人しめの楽曲を揃えてきたけど、僕が行けなかった夜の部は爆上げセトリだったようだ。

 

3. 3/20(日)クレイビット(にゃお誕)@大塚Hearts Next

f:id:charanpochiiboo:20220327224008j:image

f:id:charanpochiiboo:20220327224130j:image

f:id:charanpochiiboo:20220327224025j:image

本来であれば行けない時間帯なのだけど、日曜夜の当番を他の人に代わってもらったので行く事ができた。

クレイビットらしい楽しさに溢れた生誕。

豪華な出演者の中、町ガが呼ばれて嬉しかった。

長丁場だったので途中抜けて、クレイビットきっかけでお知り合いになった方とこんな事も。

 

4. 3/21(月・祝)文坂なの、Buddha TOKYO、WT⭐︎Egret @新宿NINE SPICES

f:id:charanpochiiboo:20220327223952j:image

昨年の夏、大阪で行われた透明写真の主催ライブで見て以来2回目となった文坂なの。楽曲も声も人柄も良い。応援したくなってしまう。

この新曲は信頼の宮野弦土印。

youtu.be

ラストはこの曲。宇多丸さんも大絶賛していましたね。

youtu.be

Buddha TOKYOも好きなんですよね。

 

5. 3/21(月・祝)NaNoMoRaL@渋谷O-nest

f:id:charanpochiiboo:20220327223901j:image

NaNoMoRaLの4周年記念ライブ。昼は開歌とNELNといったアイドル(こちらも行きたかったけど上のライブに行ってしまった)と、そして夜はバンド勢との対バン。集客は昼の方が良かったのかもしれないけど、夜の部も音楽的に素晴らしい内容だった。こういう組み合わせ、NaNoMoRaLにはよく似合う。

f:id:charanpochiiboo:20220327223836j:image

HONEBONEには驚いてしまった。

 

6. 3/26(土)服部奈緒Birthday Live『混浴』@上野untitled

f:id:charanpochiiboo:20220405081315j:image

この日はアイドルのライブよりもこれを優先。1月に初めて見た服部奈緒をまた見たいと思った。しのぴーも最優先案件。

場所は上野公園を抜け、川嶋志乃舞の母校である芸大のすぐ近く。こんな所にこんなハコがあるとは知らなかった。

CHiLi GiRLも服部奈緒も、黒一点の秋元リョウヘイも良かった。ここのドラムの人凄かった。服部さんのバックで叩いていた油布さんとのタイプの異なるドラマー競演も見ものでした。

youtu.be

帰宅して軽く一杯。

f:id:charanpochiiboo:20220327223805j:image

 

7. 3/27(日)MIC RAW RUGA、963、クレイビット、イートイン @下北沢WAVER

f:id:charanpochiiboo:20220329202855j:image

初めて見たイートインが良かった。ジ・ズーなのか納得。

youtu.be

クレイビットの新曲好き。ぱやぱや楽しい。特典会も楽しい。

 

3月のトピックスといえばこれ。フィロのスのおとはすショックの後にミサキサンショックが来るとは思わなかった。

3月30日のラストライブには行けなかったけど、まあしょうがないと思っています。

ミサキサンについてひとつ言わせてもらうと、とにかくこういう所ですね。こんなに真摯で誠実な人はいないんじゃないか。ちゃんと伝わっていないと思ったら伝わるように行動する。自分が納得するような行動を取る。こんな事、なかなかできないですよ。

charanpochiiboo.hatenablog.com

自身の生誕祭でフィロソフィーのダンスのマリリが登場してきた時の、見事な腰の抜かし方も忘れられない。

charanpochiiboo.hatenablog.com

 

Tnakaさん(marble≠marble)がZipperモデルの座を勝ち取ったり、NaNoMoRaLがオーディションで一気にメジャーに駆け上がったりしたのも3月。本気でチャレンジする事の大切さを教えられた思い。その姿勢が回りを動かすんですね。素晴らしいです。

 

3月19日(土)には映画「ベルファスト」を見てきました。

youtu.be

youtu.be

 

■今月の1曲 クレイビット/One Two Step

youtu.be

LPを片っ端から聞いてみた35. OTIS CLAY

家にあるLPレコードを、アルファベット順に聞いて感想を書くというシリーズです。

35回目は、ディープ・ソウルの代表格、オーティス・クレイ

 

■ライブ(1978年)

f:id:charanpochiiboo:20220326144441j:image

1984年4月の来日公演を収録した2枚組のライブ盤。

オーティス・クレイはこの時まだ36歳と、まさに脂の乗り切った時期。

この曲のようなノリの良い曲からスローバラードまで、歌唱は申し分ない。

これは彼の代表曲ですね。

youtu.be

途中で「In The Midnight Hour」のフレーズも飛び出し、観客も大盛り上がり。

ドラムが軽くてバタバタしているように聞こえてしまうのが残念。

 

こちらはミディアムナンバー。八分の六拍子なのかな?

「プレシャス~プレシャス」と歌い始めたところで湧き上がる歓声、お客さんのノリも良い。

youtu.be

さっきの曲もこの曲も、MCまで丁寧に収めているのでとにかく長い所が玉に瑕。ライブ会場にいれば問題ないのでしょうが。

敢えてボーカルを前面に出すミキシングをしているとの事だけど、やはり音のバランスは悪いと思う。

それから、アルバム冒頭のリハーサル音源は必要かな?これは個人的に無い方が良いように思ってしまう。

 

なんだか重箱の隅をつつくような事ばかり書いているけれども、素晴らしいライブ盤である事は間違いないです。

 

次回はレゲエ界の大物、Jimmy Cliffです。

【ライブ記録】2022年2月

月初に微熱が出て仕事を休んだり、土曜出勤があったりと、なんだかバタバタしていた2月。

現場の数も7本と控え目。このくらいがちょうど良い感じがするけど、行きたいのに行けなかった現場も山ほどある。

 

1. 2/11(金)小日向由衣@渋谷La.mama

⇨記事あり

 

2. 2/13(日)Beat Happening! (クレイビット、なんちゃらアイドル、cheers&real、sawa)@渋谷HOME

f:id:charanpochiiboo:20220310114433j:image

HOMEには初めて来たけど、その名の通りこじんまりしていてアットホームな感じのハコ。ステージも近い。

クレイビットは楽しい以外の言葉が出ない。

なんちゃらアイドルは初めて見たけど楽曲がどれも良い。特に「parallel line」と、その後にやったトロピカル調の曲が好き。

cheers&realって全く知らないと思っていたら、あら桐生ちありさんじゃない。相方はre:miawでも一緒の琴海りおさん。元自衛官という異色の経歴を持つ人ですね。

ビールを飲みながらゆるーいステージ。桐生さんの顔がだんだん赤みを増していく様に風情を感じました。

f:id:charanpochiiboo:20220301195714j:image

最後は名曲「東京」まで聞けて満足。この曲、MVも素晴らしい。

youtu.be

SAWAさんがトリをビシッと締める。

終演後はクレイビットに入り浸り状態になってしまった😅

なんちゃらアイドルのCDも購入。

 

3. 2/18(金)Beat Happening!(まちだガールズ・クワイア他)渋谷CHELSEA HOTEL

f:id:charanpochiiboo:20220301195649j:image

町ガはたっぷり40分8曲のセトリで大満足。無敵。

プラネタリウム②サテライトウォッチ③銀河ステーション④セブンスターズ⑤レディステ⑥Voice⑦しがらみ⑧さらば

f:id:charanpochiiboo:20220301195841j:image

志賀ラミーさん作曲による「宇宙のしがらみ」は、この日が初披露だった。

youtu.be

町ガのアルバムが本当に素晴らしいので、いずれ取り上げたいと思っていますがいつになるやら。

ばっぷるは新メンバーが入ってフレッシュになった。楽曲は良いし花純さんの歌やももさんのダンスも良いし楽しくて言う事ない。初めて全チェキを撮っちゃいました。

 

4. 2/20(日)Tribu pre. YOU(Buddha TOKYO、クレイビット他)@西永福JAM

f:id:charanpochiiboo:20220301195612j:image

めちゃくちゃ良い出演者たち。

初めて見たTHE ORGANICS、こういうのをチルっていうんだろうな。

ヒップホップアイドルって沢山いるけど、special cheese menuとこのTHE ORGANICSが対極にいる感じがする。ヒップホップにはそれほど縁がない自分だけど、どっちも好きです。

youtu.be

Buddha TOKYOは2回目だけど、ここはかなり好き。「Hold me」最高! 

youtu.b

夢際もキューブリックも良かった。

クレイビットはなんとトリ!!!

4週連続サブスクで楽曲が公開されたので、持ち歌8曲すべて聞けるようになりました。どれも最高。

クラリネットの音が聞こえると条件反射的に体が動く。

youtu.be

ライブの最後を締めるこの曲、メンバーが自由に踊りまくる所が楽しい。

youtu.be

暑くて汗をかいてしまった。

特典会はクレイビット×4、仏東京はRAIさんと2度目、そしてTHE ORGANICSは自分と似た帽子(ハット)を被っていたご縁で小麦さんと初めまして。

 

5. 2/23(水・祝)透明写真(RIN生誕)@西永福JAM

f:id:charanpochiiboo:20220301195533j:image

f:id:charanpochiiboo:20220301195303j:image

RINちゃんのソロコーナー、白いワンピースに着替えて出てきてペタっと座って歌い出したたのがこの曲。perfumeはわかる気がするけど、この曲を選ぶか?

忘れていたものを思い出してしまったような気持ちになった。

youtu.be

続けてKARAの「ウインターマジック」、そしてYUAちゃんと2人でBiSHの「プロミスザスター」を歌い上げる。

4月23日に初めてのワンマンライブを行う事も発表された。楽しみだ。

f:id:charanpochiiboo:20220301195459j:image

ゲストの出演者の中では久しぶりに見たNELNがとても良かった。2人になってしまったのだけど、楽曲の良さが前面に出てきた感じ。

 

6. ICHIFES 2022 @代官山UNIT

f:id:charanpochiiboo:20220301195426j:image

f:id:charanpochiiboo:20220301195440j:image

さとリモンスターの橘初華(いちか)さんが、自分の生誕に好きな人たちを呼んで開催したフェス。出演者はアイドルからバンドまで幅広い。

会場であるUNITの階段を下りたらこんなパネルが飾られていた。推しメンに囲まれたいちかさん。

(左がエリボンとグデイの室井ゆう、右がcana÷bissの桐亜)

f:id:charanpochiiboo:20220301195350j:image

さとりモンスターも89(ハチキュウ)も初めて見たけどどちらも楽しかった。特にハチキュウ、最初の2曲はアクシデントのためハチさん1人だけのステージだったけど気合は十分。2人揃ってからはパワーも倍増、とにかく歌が上手くて力強くいしよく動く。ハチキュウ良いって噂は聞いていたけど実際素晴らしかった。

この曲大好き。ここにも宮沢賢治の世界があった。

youtu.be

グデイはミ米ミさんが欠席との事で、エレクトリックリボンが助っ人として参加。30分の持ち時間の中にエリボン6曲、グデイが4曲と、目一杯詰め込んできた。エリボンは最後に「ボンクラダンス」までやるんだもの!膝が痛いのにもも上げしてしまった。

そして室井さんによるひとりグデイ。1人で2人分動き回る室井さん。しばらく見ないうちにどんどん新曲が増えているのも凄い。

オタクに混じって最前に陣取っていた初華さんが、室井さんから爆レスをもらって喜んでいた姿が微笑ましかった。

祝祭に欠かせないNaNoMoRaL、こういう特別なライブの時にはいつも以上に未來ちゃんの気合いが入るみたい。いつ見てもこのテンションを維持しているってすごい。いつ見ても最高の幸せが約束されているのがNaNoMoRaL。

後で未來ちゃんに聞いたら、初華さんとはこの日が初顔合わせだったみたい。

「私たちの事が好きですってびっくりだよね」

いや、当然だと思います。

夜の仕事の関係で早めに離脱してしまったのだけど、バンドも見たかったしcana÷bissやきのホ。も見たかった。

初華さんのブログ。とても思いのこもった、素敵な文章を書く人だな。

ameblo.jp

 

7. Beat Happening!(NaNoMoRaL、nuance、きのホ。)@高円寺HIGH

f:id:charanpochiiboo:20220301195328p:image

NaNoMoRaL、nuance、きのホ。による最高の3マン。

2日続けてのNaNoMoRaLなんて幸せで死にそうだ。しかも特典会の未來ちゃんは私服だった。

nuanceは今年初めて見る事ができた。新旧取り混ぜたセトリ。

「青春の疑問符」を聞くと内面から何かが込み上げてくる。

この日初めて歌われた「FlatRat」での、細かくてキレの良い動きに魅了される。

「last a way」にじーんとさせられる。

開放感のある「sky balloon」を聞いて、nuanceの未来は明るいんじゃないかなどと思っていたら、先日ミサキサンが脱退するとのお知らせが😢

セトリは公式Twitterより

SE a
M1 tomodachi
M2 青春の疑問符
M3 Carpenter Jr.
M4 サーカスの来ない街
M5 under the moon
M6 FlatRat🆕
M7 last a way

M8 sky balloon

 

きのホ。は3ヶ月ぶり2回目、1人少なかったけど熱量が凄い。勢いのある所は違うね。でも、勢いだけではなくて懐の深さや温かみが感じられる。ここにハマる人が多いのわかる。

 

終演後、NaNoMoRaLの後にnuanceの特典会に行ったら、ミサキサンは体調不良との事で早退したそうな。このまま会えないうちに終わってしまいそうだ。