チーボーのブログ

主にライブに行った記録(主現場はヌュアンス、グーグールル、まちだガールズ・クワイア、NaNoMoRaL、フィロソフィーのダンス、脇田もなり、一瞬しかない、など)

LPを片っ端から聞いてみた1.キング・サニー・アデ

アナログプレーヤーを購入したので、家にあるLPをアルファベット順に聞き直してみる企画。

第一回は、ナイジェリアのKing Sunny Adeです。

f:id:charanpochiiboo:20200520155640j:image

■キング・サニー・アデ/オーラ(1984年)

トーキング・ドラムを初めて聞いたのは、おそらくキング・サニー・アデが初めてだったのだろうと思う。

絡み合うパーカッションのリズムが気持ちよい。その間を縫うようなスティールギターの音も特徴的。

今日はあいにくの曇り空だけれども、晴れたお天気の時に聞けば更に気持ちよいと思う。

 

ボブ・マーリーの死後、アイランド・レコードが次世代のスターとして世に放ったキング・サニー・アデ。

フェラ・クティのような激しいビートやアジテーション、アデの後に出てきたユッスー・ンドゥールサリフ・ケイタのような強烈な歌声があるわけではない。

優しい音楽。

でも、80年代の音楽シーンのトップを走っていた人だと思います。

 

この「オーラ」は、アイランドでの3枚目となったアルバムだけど、その後はあまり消息を聞かなくなってしまった。

私は2枚目の「シンクロ・システム」も愛聴していました。

調べたら現在73歳なんですね、どうしているのでしょう。

 

 

アルバムには、先ごろ亡くなったトニー・アレンがドラムで参加している曲もあります。

 

この「ASE」(アシェ)には、スティーヴィー・ワンダーのハーモニカもフィーチャーされています。ダブ的な音処理も面白いですね。

www.youtube.com

次回はキャノンボール・アダレーです。