チーボーのブログ

主にライブに行った記録(主現場はヌュアンス、グーグールル、まちだガールズ・クワイア、NaNoMoRaL、フィロソフィーのダンス、脇田もなり、一瞬しかない、など)

8月の記録(POMEROから、たをやめオルケスタ、℃-want you! まで)

8月は11本。加速するオタ活。

 

1. 8月2日(金)脇田もなり@タワーレコード横浜ビブレ店→記事あり

2. 8月3日(土)グーグールル、nuance他@新宿LOFT→記事あり

3. 8月10日(土) POMERO@新宿Zirco Tokyo

f:id:charanpochiiboo:20190902134911j:image

 POMEROが目当て。

新曲「Saturday Night!」がまたまた良い。パーカッションの効いたサマーソング。

 POMEROがどんどん良くなっていく。

 

4. 8月12日(月・祝)フィロソファーのダンス、Task have Fun他@日比谷野外音楽堂→記事あり

5. 8月13日(火)nuance(ヌュマ)→記事あり

 

6 .8月15日(木)マーキー祭(nuance、グーグールル他)@渋谷TSUTAYA O-WEST

f:id:charanpochiiboo:20190901202828j:image

nuanceは、2日前のゆるゆるなヌュマから一転したノリノリのライブ。本当に同じグループかと思うくらい。

O-WESTは昨年のワンマンで立ったステージという事もあり、胸熱な気分。

1 ミライサーカス

M2 tomodachi

M3 ヒューマナイズド・ヒューマノイド

M4 タイムマジックロンリー

M5 セツナシンドローム

 

グーグールルも、本当に良いライブをする。今一番楽しくて勢いを感じるグループ。

特に圧巻なのが「Picked」で、中盤の「あーあー」から「You and me」でためにためて、最後の「愛を知りたくて」の所で一気にトップギアに上げるところが本当に素晴らしい。こんなミディアムテンポの曲であんなに盛り上がるのって、なかなか無いのではないかと思う。

この日は、「妹の恋人」も久々に見れて嬉しかった。こんな横ノリ曲からハウス、ラテンまで一緒くたになって楽しめるのがぐーるるのライブ。

 

7. 8月17日(土)AH(嗚呼)@宝船温泉→記事あり(楽しかった思い出しかない)

 

8. 8月18日(日)代代代、nuance@心斎橋FANJ

f:id:charanpochiiboo:20190901202744j:image

琵琶湖畔から大阪へ移動。大阪に来るのは今年3回目。それも、すべてnuanceがらみ。

先行はnuance。

ゆったりとした前半は「たそがれ」や「ゆれてみて」といったレア曲も。ラブチョコやcosmoの多幸感ったらない。

後半はじわじわと盛り上げ、ミライサーカスとタイムマで爆発。煽りも容赦ない。荒々しささえ感じさせるnuanceだった。

ミサキサンに「ステージから見えて、来てくれたんだって思った」という、ありがたい言葉をもらって幸せ。

SE town

M1 サーカスの来ない街

M2 Love chocolate?

M3 たそがれ

M4 cosmo

M5 ゆれてみて

(MC)

M6 ナナイロナミダ

M7 tomodachi

M8 sanzan

M9 セツナシンドローム

M10 ミライサーカス

M11 タイムマジックロンリー

代代代は、だいぶ慣れてきた。全部好きとは言い難いけど、ものすごく好きな瞬間がある。

 

9. 8月24日(土)サワソニ海の家→記事あり

 

10. 8月29日(木)たをやめオルケスタ、パンチの効いたオウケストラ@高円寺HIGH

f:id:charanpochiiboo:20190901202727j:image

パンチの効いたオウケストラは、マダムギター長見順さん率いるバンド。ギター、ベース、ドラム、パーカッション、キーボードにフルート、トランペット、サックス(アルトとテナー)、バリトンサックス(浦朋恵さん!)、バイオリン2人。

ブルージーなマダムギターの音色、かと思えばバリバリにに弾きまくる。

ギターだけじゃない。みんな、いい音を出す。

ファンキーな「百姓の娘」は楽しい。「加藤さんのテーマ」では、二階席で見ていたたをやめオルケスタの加藤順子さんもノリノリ。

最後はダンダンダン、というWe Will Rock Youみたいなイントロ。

そのリズムのまま「お酒はぬるめの燗がいい」と歌い始める。「舟唄」だよ。

間奏では「I Love Rock'n Roll」と声出しを促す。あっ、そっちか。そして「しみじみ飲めばしみじみと」と歌い上げる。

なんといかれた、いかした熟女集団か。

このフルメンバーが揃うのは年に2回か3回しかないそうで、貴重なものを見せてもらいました。

昨年すみだジャズでのライブ。

37:43あたりから「加藤さんのテーマ」

43:35あたりから「舟唄」

youtu.be

 たをやめオルケスタは、白いブラウスに大きな花柄(トロピカル調)のボトムスで登場。ブラウスはシンプルなデザインなんだけど、ボタンや襟の形が一人一人違っている。これも女将の労作なのだろう。

ライブハウスのたをやめは、やっぱり良い。音の塊が迫ってくる。今回特に良いと思ったのが、「爆裂系」パーカッショニストのちぃ、こと青栁智里さん。叩きっぷりがカッコいい。

それから、トランペットのサポートに小野さん(カンカンバルカンのごまちゃん)が入っていて、SAKKOさんと2人で前に出てきてソロを吹くところが個人的に良かった。それにしても、どれだけチャランポに行っていないのだろうか、自分は。

「宝島」という、吹奏楽の世界ではお馴染みの曲も演奏された。これは、吹奏楽部だった娘もやっていたのを聞いた覚えがある。原曲はT-SQUAREなんですね。

女将「これは、吹奏楽をやった人なら誰もが通る青春の一曲。みんな、ほかに青春の音楽って何?」

すかさず、ドラムのさおりんが「ビートルズ!」

女将「そういう人多いだろうね」

お客に向かって「ビートルズだよっていう人」

沢山の手が上がる。

女将「ほらね。さおりんとはだいぶ年代は違うけど」

SAKKOさんは「安室ちゃん」。なんか、わかる気がする。

キーボードの大西まみさんは、アース,ウインド&ファイヤー。

女将「E,W&Fの人」

自分も含めて、10人近い手が上がっただろうか。

女将「結構いるね。こっちの需要もあるね。」

 

ボーカルの秀子さんが抜けてどうなるかと思っていたけど、かえってインストバンドとしての方向性が固まったようにも思う。

見せる、聞かせる、楽しませる。

9月15日には、なかの綾との対バンもあるとの事で、物販で手売りチケットを購入。勢い大事。

 

11.8月30日(金)℃-want  you! @タワーレコード渋谷店内パイドパイパーハウス

f:id:charanpochiiboo:20190902135442j:image

昨年4月の湯会(フィロのスが出演した時)で知った℃-want you!(シー・ウォンチュ)がアルバムを出したと聞いたので行ってみた。

まずは、℃-want you!、雷音レコード社主でイラストレーターの本秀康さん(レコスケくんの人)、そしてパイドパイパーハウス店主の長門芳郎さんによるトークショー
℃-want you!が選ぶレコード3枚では、住所不定無職、毛皮のマリーズ、そしてフィンガー5が紹介される。フィンガー5ってと今聞いてもとても良い。長門さんがフィンガー5のイベントでPAをやっていた、という話も出る。長門さん、脱線してよくしゃべる。

住所不定無職は大好きなバンドで、高校生の頃にライブによく行っていたそう。まさか自分がそこのメンバーになるとは思ってもいなかったとの事。

洋楽はほとんど聞かないと言っていたけど(英語の曲が覚えられないんだって)、J-POP経由でモータウンやスペクターサウンドなどのオールディーズにたどり着くというところが面白い。

f:id:charanpochiiboo:20190902135451j:image

 ライブは、弾き語りで「愛のナンバー」「きっと愛は続くのだ」そして「Cherry Coke」の3曲。

小柄な体から、ちょっと舌足らずな、でも力強い歌声を聞かせる。

 

アルバム全曲試聴

youtu.be

アレンジが、「恋するフォーチュンクッキー」などを手掛けている武藤星児という人で、さすがプロの仕事という感じがする。杉真理がコーラスで参加した曲もある。

RYUTistのこの曲も、同じチームにより作られた曲。しかしRYUTistの咀嚼力が凄い。

youtu.be

「愛のナンバー」という曲が、もうたまらんです。おっさん泣かせの名曲。」

youtu.be