チーボーのブログ

主にライブに行った記録(主現場はヌュアンス、グーグールル、まちだガールズ・クワイア、NaNoMoRaL、フィロソフィーのダンス、脇田もなり、一瞬しかない、など)

9/27(日)代代代、nuance @梅田クラブクアトロ

代代代主催「TWO IDOLS IN A ROOM」supported by エクストロメ!!

開場 11:00 開演 12:00 3,000円+D600円

f:id:charanpochiiboo:20201003155422j:image

このライブのためだけに大阪に行った。

どれだけnuanceのライブに飢えていたか、という事です。多分そういう事。

 

SEの「おかえり」「ただいま」を聞いて、「ああ、帰って来たんだな」と思う。*1

 

赤茶色の落ち着いた衣装(これいいよね)を着た4人が登場、「sekisyo」のイントロが流れる。 

4人の声がいい。特にラップパートの珠理ちゃんが良い。

「否応無し待った無し」と言われると本当にそんな気がするし、「それでもよし 心配なし」と言われると「よし!」と思う。

冒頭の「sekisyo」を含めて新作アルバムから4曲が披露される。この「brownie」からの新曲がnuanceワールド全開で、振り付けも含めて本当にどれも素晴らしい。

「悲しみダンス」のエンディング近くでのミサキサンダンス、良かったなあ。60点なんてとんでもないですよ。*2

 

「初恋ペダル」もめちゃくちゃ良かった。自転車を漕ぐような振り付けも楽しい。

「赤い自転車 黄昏色の道」歌いだしの所のわかちゃんの声がいいんですよね。

笑いながら泣きそうになってしまうのはどうしてだろうか。おっさんはこんなど真ん中の青春ソングに弱い。

「タイムマジックロンリー」、声は出せないけど盛り上がった。楽しい。

爆音の中の静寂、「雨粒」はひたすら美しい。

 

最後に椅子をステージに運んでくるメンバー(珠理ちゃんだったかな)。

「今日は椅子が無いと思ったでしょ」と、ミサキサン。

最後に「ミライサーカス」をやるのかな思ったら、「8月のネイビー」だった。

椅子に座って歌い始める4人。

ずっと座ったままなのかと思っていたら、途中から振り付けも入る。

椅子に上ったり椅子から下りたり、曲調はゆったりしているのに動きは結構忙しい。

曲の終盤あたり、みおちゃんの踊りがとても綺麗だった。

もしかしたら、ミサキサンはこの時に足をくじいてしまったのかも知れない。

 自分にとってなんと3月10日のワンマン以来となってしまったnuanceだけど、やっぱりnuanceのライブは特別だなと感じた。

みんな良い表情をしていたな。

ダンスもキレキレで揃っているし、何よりもメリハリがある。いつの間にこんなに踊れるグループになったのでしょうか。

定番曲の「セツナシンドローム」も「ミライサーカス」も「sanzan」もやらなかったけれども不満はない。持ち曲が増えるってこういう事なんですね。

 昨年末ごろから気になっていた音響も、この日は全く問題なかった。低音はびんびん響いてくるけれども、音が割れるような事はなく、バランスが見事だったと思う。

 

濃厚な、でも甘すぎず、ほろ苦さも感じられる極上なチョコレートケーキを味わったような、そんなライブでした。

 

SE home  M1 sekisyo  M2 i know power  M3 サーカスの来ない街  M4 悲しみダンス  M5 tomodachi  M6 which 's witch  M7 初恋ペダル  M8 タイムマジックロンリー  M9 雨粒  M10 8月のネイビー

 

代代代も楽しかった。*3

特典会は場所を変えて近くのライブハウスで行われた。そちらも盛況でした。

 

その後、連番した関西の方(お会いしたのは昨年6月の大阪ワンマン以来)と、串揚げにタコ焼き。

f:id:charanpochiiboo:20201003155449j:image

 日曜夜は仕事があるので、そそくさと帰りの新幹線に飛び乗りました。

行ってしまうと楽しいけれども、もうこんな無茶はしません(できません)。

 

「brownie」、ほんとに良いです。

www.youtube.com

 

 

*1:その間、新しい港に停泊したりしていましたけれども。

*2:先日FMヨコハマに出演した際、ミサキサンはダンスが苦手だという話から、わかちゃんがミサキサンのダンスを60点と絶妙な評価をくだした事があった。

*3:正直なところ、あまり好きな音楽ではないけれども。