チーボーのブログ

主にライブに行った記録(主現場はヌュアンス、グーグールル、まちだガールズ・クワイア、NaNoMoRaL、フィロソフィーのダンス、脇田もなり、一瞬しかない、など)

LPを片っ端から聞いてみた20. Ruth Brown

 

アナログプレーヤーを購入したので、家にあるLPをアーティストごとにアルファベット順で聞き直してみる企画。第20回目は、1950年代アトランティックレコードの看板娘、ルース・ブラウン。

■ルース・ブラウン/ロック・アンド・ロール(1957年)

f:id:charanpochiiboo:20201123172903j:image

このLPに収録されている12曲のうち、5曲がR&Bチャートで1位に輝いた曲だそうだ。

 

冒頭のこの曲は、リーバー&ストーラー作の軽快なナンバー。

軽く歌っている感じが好き。

www.youtube.com

 この曲も代表曲でしょう。こちらはシャウトするルースが聞ける。

www.youtube.com

超アップテンポのジャンプナンバー「ハロー・リトル・ボーイ」でのリズム感には舌を巻く。

かと思えば、「センチメンタル・ジャーニー」や「オー・ホワット・ア・ドレーム」での、力を抜いた歌い方。

 

ジャズとリズム&ブルースの両方の感覚を持ち合わせた人という感じがする。

絶叫系のソウルシンガーより、個人的にはこういう歌手の方が好きですね。

 

アルバムタイトルが「rock & roll」というのも面白い。

1950年代半ばといえば、ちょうどロックンロールが誕生した時代。

今の時代から見れば、ルース・ブラウンのこれはロックンロールなの?と思うけど、まさに「揺れて(rock)転がる(roll)」音楽である事は間違いない。

 

さて、次回もブラウンさんだけど、BrownじゃなくてBrowneの人です。