チーボーのブログ

主にライブに行った記録(主現場はヌュアンス、グーグールル、まちだガールズ・クワイア、NaNoMoRaL、フィロソフィーのダンス、脇田もなり、一瞬しかない、など)

12/11(土)nuance @大阪banana hall

nuance one man tour 『tohited』

f:id:charanpochiiboo:20211212072738j:image

f:id:charanpochiiboo:20211212072802j:image

初期のレア曲から最新のナンバー、激しい曲から椅子に座ってじっくり聞かせる曲まで、2時間弱で全24曲。

バンドも無ければ演出も無し、4人だけでひたすらシンプルにnuanceを歌い、踊り続けた4人。

それだけなのに、いや、だからこそなのか、見ている間に色々な感情が渦巻いてきて、何度涙腺が緩んだ事かしれない。

 

みおちゃんの脱退に伴う現体制でのラストツアー。最終日となる15日(水)のO-Westには行けないので駆けつけた大阪。

遠征は楽しい。その上に、こんなに素晴らしい特別なライブを見せてくれて、本当に行って良かったと思う。

いま、nuanceのCDを初期のものから順番に聞きながら、これを書いています。

 

2曲目の「Last a way」で早くも胸がいっぱい…と思ったら音が止まるアクシデント。この時すでに汗だくなみおちゃん。MCの時にはステージ前方に配置されている扇風機を自分に当てたりしていた。なのに、いざ曲が始まるとスイッチが入ったようにキレキレなダンスを踊るんだよね。歌もずいぶんと力強くなったと思う。特に好きなのが、「雨粒」での「また心折れそうになる」の儚さ。そして「ハルシオン」での歌い出し、「帰りたい」の所。

前半では「I=envy」で盛り上げた後の「からくれない」にじーんとさせられた。

 

フロアに向かってミサキサンが「関西の人」と呼びかけると沢山の手が上がる。

「6割くらいいるね。関東から来たって人」。自分も含めて結構いる。

「2割くらいかしらね。その他の人。」残りの人たちが手を上げる。

色々な所から来てくれた人がいたんですね。

ミサキサンが水を飲みにステージから下がると、途端におかしくなる。

わかちゃんとみおちゃんのカニカマコンビになった時にはこんな感じ。

「・・・・」

「・・・・」

わか「大阪どうだった?」

みお「・・・・・」

ミサキサンが戻ってきて「何話してたの?」

みお「何にも話してない」(笑)

このコンビも見納めですね。

 

大阪なのに「yokohama sweetside story」、冬なのに「8月のネイビー」。2曲とも滅多にやらない曲。特に「yokohama~」の方は、ヌュマか商店街でしか聞いた事が無いと思う。

これも超ひさびさの「byebye」、わけがわからんくらい楽しかった。

緩急をつけながらステージは進む。それにしてもどれも良い曲!良い曲なんて世の中にいくらでもあるけど、nuanceの曲はそういうんじゃないんだよね。説明できませんが。

「I know power」のサビで、ミサキサンが「踊るよ!もう出来るでしょ!」と言うけど、こっちはついていくのが精いっぱい。でも、だいぶ出来るようになりました。

「ミライサーカス」、終盤でのみおちゃんの煽りももう聞くことはない。

「雨粒」の轟音に打たれながら、これで終わりだと思ったら、更に「wish」

みおちゃんの舞いを、瞼に焼き付けた。

 

DDゆえに、現場に行く回数はそれほど多くはないけれども、nuanceが大好きだと改めて思った。やっぱり自分にとっては特別な存在。

3年前の文章を読み返してしまった。

charanpochiiboo.hatenablog.com

みおちゃんとの初めてのチェキ。2008年5月4日、SAKA-SAMAとのツーマンでした。

みおちゃんに「すごく初期の頃から来てくれててありがとう」と言われて「それほどでもないよ」と答えたんだけど、実際それほどではないです。*1

みおちゃん、いつもニコニコしていて本当に楽しかった。

f:id:charanpochiiboo:20211212170446j:image

会場で飲んだ裏バナナジュース(アルコール入り)

f:id:charanpochiiboo:20211212170510j:image

ライブ会場には、宿のある長堀橋から約4キロの道のりを歩いて行った。途中で大阪市中央公会堂(国の需要文化財)やお寺が並ぶ兎我野町を通り抜けた。

f:id:charanpochiiboo:20211212170519j:image

夜は心斎橋界隈をうろうろ。昼間にチェックしていたお店があったのだけど、今一つ気乗りせず、踏ん切りがつかないままアメリカ村の方まで歩いて行き、結局串カツ屋に腰を落ち着けた。まずまずでした。

f:id:charanpochiiboo:20211212170530j:image

こんな事も含めて、とても楽しい遠征だった。

来年は控えなきゃ(???)

 

*1:クリフサイドでのワンマンや、最初の頃の商店街ツアーなどに行けていれば良かったと思う